ページ

2017年7月6日木曜日

投資で一番大切な20の教え

ハワード・マークス
日本経済新聞出版社、2012年


再読。
読むたびに眠くなり、うとうと。いかんいかん。再び読み始めると、うとうと。これを繰り返して何とか読み切った。

2017年4月1日土曜日

2017年3月20日月曜日

汚れたミルク

シネマカリテにて。

粉ミルクでの乳児被害を告発した、元国際的企業のセールスマンの実話に基づいたストーリー。
被害は不衛生な水を消費者側が使っていたことに原因があるが、そもそもなぜ粉ミルクではなく、液体ミルクが流行らなかったのか。

モアナ

ディズニー映画

飛行機の中にて。

何者

三浦大輔監督

2回目の鑑賞。
北京からシンガポールに向かう飛行機の中にて。


2017年3月12日日曜日

グリーンルーム

シネマカリテにて2本目。

売れないパンクバンド。
ネオナチの巣窟のライブハウスにて演奏することになる。
ふとしたことから殺人現場を目撃してしまう。
スリルある脱出ものかと思いきや、
結果的にはネオナチを殺しまくってた。
残虐なのはパンクバンドの方では、と思ってしまった。

2017年3月8日水曜日

鉄男

塚本晋也監督作品

早稲田松竹にて2本目。


鉄男と鉄女と鉄男がお互いに追いかけあい、おどかしあってた。
意味はよくわからなかった。
モノクロだけど、迫力ある映像と音楽。
その分、疲れた。

その男、凶暴につき

北野武第一回監督作品

早稲田松竹にて。
初めて映画館で鑑賞。
歩くシーンが多い。
とても面白かった。

2017年2月25日土曜日

2017年1月28日土曜日

イレブン・ミニッツ

早稲田松竹にて。
久しぶりにコンタクトレンズ装着したら、
左目に違和感。
一旦外してもう一回つけようとしたら、どこかにいっちゃった。
利き目がみぎだからからか、右眼コンタクトだけでも何とか見える。
ただ、少しぼやけてる。
そんなこともあってストーリーが全くわからなかった。

■監督・製作・脚本 イエジー・スコリモフスキ

2017年1月21日土曜日

牝猫たち

新宿武蔵野館


日活ロマンポルノのリバース企画。
アフタートークによれば、7日間で撮影したようだ。

2017年1月8日日曜日

14の春

テアトル新宿にて

オアシス:スーパーソニック

立川シネマシティ2

ドラッグの赤裸々な告白してて結構衝撃(当たり前のように言ってて告白っぽくはなかったけど)。
ライブ中にもやってたみたい。
覚せい剤もやってたみたいだ。
まあ、ビートルズもドラッグやっていたのは有名な話ではあるが、最近(と言っても20年以上前になる)まで、ドラッグが蔓延しているとは。
イギリスのドラッグ事情が気になる。
イギリスだったら、清原やASKAは全くスキャンダルにもならなかったのでは。
日本が騒ぎすぎか、イギリスが騒がなすぎか。

紳士協定: 私のイギリス物語

佐藤優
文芸春秋社、2014年11月

再読

2017年1月4日水曜日

魂の退社 会社を辞めるということ。

稲垣えみ子
東洋経済新報社、2016年

元朝日新聞記者で、アフロの女性。
p211「つながるためにはまず一人になることが必要なんだ」

エジプト旅行8日目、帰るまでが遠足。帰るまで結構大変。

1月3日

0510起床
チケットにボーディング時間が0610とあったけど、電光掲示板見たら0800だった。どうしよう。2時間もあるよ。
0800ボーディング。
0830頃飛行機出発。
寝たら時差ボケしそうなので、映画を観まくることを決意。
1本目、是枝監督「海よりも深く」。エンジン音のせいか、それとも単にヘッドホンがうまくあってないのか音が聞こえづらく、英語の字幕を追って意味を補完しつつ鑑賞。
途中、機内食。何度も食べている(通算4食目)もう食べたくないよ!って感じになる。
2本目、新海誠監督「君の名は。」途中でうとうとして寝てしまった。本格的に寝る体制に入る。寒気がして、風邪ひいたみたいになった。起きたら、治ってた。続きを鑑賞。君の名は。を観るのは2回目だが、歴史が変わってしまっていることと、しかもたまたま避難訓練をしていて死亡者ゼロになっていたくだりが腑に落ちない。いろんな風景はとても綺麗で、音楽と絵だけを味わう分にはとても楽しめた。
3本目、「ズートピア」。
意外に楽しめた。アメリカンなノリとストーリーが結構好きだった。
2300羽田に到着。
ラーメン食べる。バスの時間にギリギリ。
2340バス発車。
2420新宿到着。
帰路につく。
そこまで疲れている気はしていないが、朝起きたら、「何で今日の予定は知らされていないんだ。何時に起きればいいんだ」的な意味不明な妄想に取り憑かれたので(実際は今日から仕事始め)、疲れているのかもしれない。

エジプト旅行7日目、帰国

1月2日

0600カイロ到着
0730マイクロバス5ポンド
0930スフィンクス
0950コシャリ10ポンド
帰りのマイクロバスは2ポンド。行きの時の5ポンドはぼったくりだ!
1130コプト 60ポンド
1210電車に乗る
1230エジプト博物館
1430屋台飯10ポンド。
ポンドは5ポンドっぽかった。こいつもぼったくりだ!
タクシー70ポンド。タクシー内で80ポンド要求になってたが、無視した。
1600空港に到着
お土産買う(約500ポンド超)
買いすぎた。
1453.5ポンドあまり(約9458円)
1900飛行機出発
2300ドーハ到着。
クアイエットルームで寝る。


エジプト6日目、ダイビング最終日

2017年
1月1日

0745朝食3ポンド
0830宿出発
午前中2本潜る。ダイビング日程終了。もう潜らなくていいと思うと嬉しい。嬉しすぎる。
1250ランチ
1530帰港
宿代4泊分200ポンド
1730床屋さん。順番待ち一人。ハエがたくさんいた。
25ポンド
1800
魚屋さん9ポンド
1830コシャリ5ポンド
1840カフェ
アーセナルとクリスタル何とか戦を鑑賞
紅茶2.5ポンド
1910フレッシュオレンジジュース8.5ポンド
1925宿戻る
宿を経営する家族の子供にお年玉300ポンドあげた
2100宿を出る。
2200ゴーバスバスステーション
2300カイロ行きバス発車

2017年1月1日日曜日

エジプト5日目、ダイビング4日目

12月31日

0600起床
0610アドバンスの学科の勉強開始。
0906出航
2回ダイブ
ディープダイビング(30メートル)、ナビダイブ。
1215ランチタイム
3本目ダイブ。
陸に上がったら風がビュンビュン吹いててものすごく寒かった。
1530帰港
1600宿に戻る
1900夕食
宿の人が色々と用意してくれた。
焼き魚、パン、ご飯、ペースト、混ぜご飯などなど。
2200就寝